初診で自分のことを詳細に伝えればインプラント治療は失敗しない

初診で自分のことを詳細に伝えればインプラント治療は失敗しない

インプラント

何を悩んでいるのか伝えよう

インプラント治療をするために、歯科クリニックへ訪れているのであれば、歯に関して何らかの悩みを持っているはずです。どのようなことで悩んでいるのか伝えましょう。また、悩み始めたのはいつなのかについても伝えるとベストです。相模原には腕の良い歯科医師がいますので、悩みの詳細を聞くことができれば、最適な治療法を提案してくれるでしょう。

歯型

何かの病気に罹っていたら必ず伝えよう

カウンセリングの時には、持病について必ず聞かれます。特定の病気に罹っていると、インプラント治療が難しい場合がありますので、どんな持病であっても申告するようにしてください。

インプラント

自身のライフスタイルについて伝えよう

人によっては転勤が多かったり育児などで、中々頻繁に通えないという方もいらっしゃると思います。このような、少し特殊なライフスタイルであれば、忘れずに伝えるようにしてください。堺市周辺には腕利きの歯科医師が多数存在していますので、各々のライフスタイルに合った治療法を考えてくれるはずです。

インプラント治療の方法の違い

一回法

外科手術を一回だけする治療法です。二回法と比べて身体に負担をかけずに治療をすることができるのがメリットです。

二回法

外科手術を二回実施する治療法です。一回法と比べて、インプラントとアゴの骨が結合しないというリスクが低いのが特徴となります。

広告募集中